まつエクメニュー

マツエクが取れてきたら!バラつきや抜けかけの時の応急処置方法

マツエクが乱れてしまっている、または取れかけているのに、どうしてもサロンに行くことができない!そんなピンチの時ってありますよね。アイリストとしてはお客様のまつげのことを考えると応急処置であっても、自己処理はせずにサロンにご来店いただくことをオススメします。ですので、正直この記事を書くことはためらったのですが、自分がお客様の立場だったらどうしてもいけない場合もあるよなぁーと思いまして、緊急時の対応方法をお伝えしたいと思います。

あちこち向きがバラバラになっている場合

これは時間の経過とともに自まつげが伸びてしまうことによって、エクステの重さでまつげが下がってしまうことで、エクステの向きが変わりやすくなってしまうことが原因で起こるトラブルです。
この場合は、マスカラブラシのようなもので根元から向きを整えてあげましょう。当店でも洗える素材でできたブラシを販売しております。ちなみに、毛先だけを見て方向を整えようとしてもなかなかキレイに揃わないことがおおいので、根元から梳かしてあげることがコツです。

とりあえずオフしたい場合

これに関しては、自己処理で全てのマツエクがキレイにオフできる方法はないとお伝えせざるを得ません。どうしても、緊急で・・・という場合のみ自己責任でお試し下さい。
そもそも、マツエクサロンでは、専用のオフ剤を利用してマツエクをオフしていきます。しかしご自身でオフ剤を使用してマツエクをオフすることはできないので、その場合は、グルーの性質を利用してみましょう。マツエクのグルーは水と油によって劣化します。その性質を逆手に取って、オイルのクレンジングでマツエクをオフします。コットンにオイルクレンジングを浸して目元に置きます。その上からホットタオルをおいて5分から10分しばらく放置します。そして、くるくると優しくなでるようにエクステを触ると、グルーの劣化によって取れる場合があります。何度も言いますが、優しく触って下さいね~。ゴシゴシはだめですよ~~。

今回は、応急処置ということでどうしてもサロンに行けない場合についてお話しましたが、やはり自己処理は危険です(笑)。せっかく美容液を付けて大切に育ててきたまつげも一回の自己処理でぼろぼろになってしまうこともあります。また、目元というデリケートな部分に関することなので、できるだけ自己処理しないで、行きつけのサロンでオフやリペアをしてもらって下さいね。

当店では、お客様の緊急事態にはできるたけ対応したいと思っています。オフのみでしたら空き時間が少なくても対応できる場合もありますので、お電話でご相談下さい。また、左右差が出てきてしまった場合の応急処置としてちょい足しメニューもありますので、ご利用下さいね。

お問い合わせはラインからでも可能です~♪

ネット予約
電話予約

関連記事

  1. マツエクデザイン
PAGE TOP